美容室に求めるのは、髪以上に美容師さんの人柄


以前通っていた美容室に、私担当に美容師さんがいました。
予約をいれると、必ず電話口にでてきてくれて、美容師さんの都合の良い時間帯を教えてくれました。

本当をいうと、予約ではなく、いつでも行ったときにしてもらえるのが1番有難かったんだけど、
どこの美容室も大抵予約制になっていて仕方がない。

それでも、いつもしてくれる美容師さんはお気に入りでした。
年齢も私と同じくらいで、話題も合い、楽しい時間を過ごせていたから。

でもその美容室に通い始めて2年くらいたった時、その担当の美容師さんが結婚の為に退職すると話してくれました。
今の時代、共働きが主流になっていますが、その美容師さんのご主人になる方が春に転勤になる為について行くのだそうです。

慣れ親しんだ美容師さんがいなくなるのは寂しいですが、新しい人生の旅立ち。
きちんと祝福してあげました。

次に美容室にいったのは、それから3カ月後。

違う美容師さんが私についてくれましたが、やっぱり今までの美容師さんが1番良くて、
カットをしてもらって綺麗になっているんだけど、何だか足りないような気がして、そこの美容室へ行くのをやめてしまいました。

美容室ってただ髪をきってもらう、綺麗にしてもらう店、そう思っていたんだけど、
そこに働いている美容師さんにひかれて行くものだと改めて思ってしまった。

だから今度は人の入れ替わりのすくない美容室で、私を大切にしてくれる美容師さんにめぐり逢いたい。